白鯨の健康日記 筆者:吉國友和  update:2010.1.7 
           

こたつで寝ると風邪をひく?


その1:こたつで寝ると風邪をひく?

その2:実はすでに……!

その3:ウイルスの攻撃力と人間の防御力



「風邪」と「風邪症候群(普通感冒)」を知ろう!
風邪は英語でCommon Cold。commonは「よくある、一般的な」

「風邪症候群」というと、大半はウイルスの感染症ですが、熱咳・鼻水・頭痛など、いわゆる風邪の症状が出現するすべての急性感染症を指します。その中には細菌感染症もまれに潜んでいることもありますので、詳しい検査をしない限りウイルスと細菌の区別がつかないような場合など、ある意味では診療の場では用いやすい言葉です(風邪の患者さんすべてに精密検査をするわけにもいきませんから、実用的・無難な言葉ともいえます)。

ちなみに、40才以上の「風邪症候群」の約90%は、各種のウイルスが原因と考えられています。ウイルスに対して抗生物質は基本的には効果がありませんので、風邪の場合には原則として抗生物質を処方することはありません。ただし、風邪症候群にはウイルス以外の原因も潜んでいると考えられますので、数日しても症状に改善傾向のない場合や、すでに細菌感染症を併発していると考えられる場合など、状況によっては抗生物質の投与が検討されることもあります。


本来の風邪とは……?

「風邪症候群」に対して、「風邪」という言葉をより明確に示すならば、「急性ウイルス性カタル性上気道炎」となります。長い病名ですので、この言葉をそのままカルテに記載することはあまりありませんが、これは次のような意味です。

  • 急性……急に起きた(風邪の場合、概ね数日以内)
  • ウイルス性……ウイルスが原因である(細菌などではない)
  • カタル性……分泌物の多い(鼻水や痰が増える)
  • 上気道炎……鼻からのどにかけた炎症(声帯を越えない範囲にとどまる炎症)


ウイルスが感染を起こすには、人間の防御力(粘膜・表皮による物理的防御・免疫細胞など)を、ウイルスの攻撃力(粘膜へ侵入する力、ウイルスの数)を上回る必要があります。前ページで取り上げた、胃腸炎を起こすノロウイルスは、わずか10~20コピー(ウイルスを数える単位)程度がクチを介して消化管へ侵入すると、容易に感染を起こすという、感染力の比較的強いウイルスです。

冬の風邪(症候群)やウイルス性胃腸炎の原因となるのは、インフルエンザを初めとする乾燥に強く寒冷環境を好むウイルスが多く、ライノウイルス(ライノは鼻の意味)、ノロウイルス、小児の下痢(白色便)で有名なロタウイルスなど様々です。ほとんどのウイルスには特効薬(※)というものがなく対症療法が主体となりますので、手洗いやうがいといった予防が第一です。


(※)インフルエンザにしても、現在の治療薬はウイルスの増殖を抑えて症状出現期間を短縮することに留まります。頼らざるを得ないのが実情かもしれませんが、この薬剤が開発されるほんのちょっと前までは、対症療法しかありませんでしたから。「十年一昔」。


【関連記事】
春の咳、黄砂の影響?
  こたつのシーズンが過ぎて春になると・・・
梅雨の咳、過敏性肺臓炎
  症状が風邪と似ているのに長引く咳の理由の1つ
夏風邪が長引くのはナゼ?
  風邪は数日で治るはずなのに・・・?
長引く咳を止めるには(咳喘息)
  治療薬がかえって症状を長引かせることも


1 / 2 / 3
前のページ                    次のページ